同じ無添加石けんでもちょっと違う

手作り石けん
コールドプロセス製法・無添加・無香料の商品は、意外に少ない。

世の中に「無添加」を謳った石けんは数多いし、森の音も「無添加」と謳っています。

たとえば、有名な大手メーカーの無添加石けんは、「蛍光剤、漂白剤、着色料無添加」だそうです。含まれているのは石けん素地と水のみです。確かに無添加の名に恥じない商品です。固形の他に液体の商品もあります。ドラッグストアに普通に置いてあるロングセラーで、良い商品だと思います。これらは釜炊き製法で製造されています。

森の音石けんも「蛍光剤、漂白剤、着色料無添加」です。大手メーカーの商品と違うところは、釜炊きではなく、コールドプロセス製法手作りしているところです。

コールドプロセス製法の石けんは、泡が軽く、泡切れが良くて、お湯でサーっと落ちます。いつまでもヌルヌルしません。一度使ってみると、使用感の良さに驚きます。

私の息子は赤ちゃんのころ、この大手メーカーのものではなく、別のメーカーの液体の無添加石けんを使っていましたが、アトピーが治るどころか悪化して回復する兆しは全く見られませんでした。しかし、「無添加」だから、肌に悪いはずがないと思い込んでいました。悪化するのは他の要因が原因で、石けんのせいではないだろうと。

しかし、あまりに息子のアトピーがひどいので、試しに液体の無添加石けんを使うのをやめてみました。すると、極端に悪化することがなくなったのです。肌に良いはずの無添加石けんが、実は良くなかったと愕然としました。

石けんとの相性は、個人差があります。この商品が絶対悪というわけではありません。この商品は、やはり人気のロングセラーです。他の方には肌に合うということもあります。そうでないとロングセラーになるわけがありません。うちの息子には合わなかったということです。

ところで、同じ時期に私自身も無添加の液体台所石けんを使っていました。ところが、手が荒れる上に、油落ちが悪い。だからといって、合成台所洗剤は香りが強くて使う気にはなれず、液体台所石けんを我慢して使っていました。

ある日のこと、何となく、面白半分で自分で作った廃油石けんを使ってみたところ、手が荒れなくなりました。やはり、無添加の液体台所石けんが合わなかったのか・・・。

あくまでも憶測ですが、液体石けんは、苛性カリ(水酸化カリウム)を原料としているから、それが合わないことがあるのかもしれません。

そういった経験から、石けんの仕事を始めました。たかが石けんに何で一生懸命になってるの、と笑われることもありますが、重症アトピーや肌荒れに悩む人にとっては必要な商品なのです。また、自分で作ろうと思えば作れるけど、苛性ソーダを扱うのは危険だし、手間も時間もかかる。必要としていても自分で作るのが難しい方もいるはず。

今ではうちでは、浴用、台所用、学校の上履き洗いまで、コールドプロセス製法の石けんを使っています。

うちの息子も、森の音石けんを使っています。他の要因で悪化することはあるので、薬や保湿剤でコントロールしています。石けんを替えるだけでアトピーが良くなることはありませんが、少なくとも石けんが原因で肌の調子が悪いということはなくなりました。

液体石けんがどうも合わないと感じている方は、固形石けんに替えてみると肌の調子が良くなるかもしれません。

コメント

フォロー
タイトルとURLをコピーしました