森の音(もりのおと)石けんは薬機法をクリアした手作りの化粧石けんです

森の音ラベンダー 手作り石けん
森の音ラベンダー
人気商品のラベンダーとシアバターの石けん

手作り石けんを作って販売するとき、薬機法の規制をクリアしないと「化粧石けん」ということはできません。

クリアするためには、自宅以外での製造場所を設ける、申請して許可を受ける、資格のある人物を常駐させなければならない、などの決まりを全て守らなければなりません。

そのためには、多大な時間と労力と費用がかかります。

手作り石けんを作っていて販売したい人は多いのですが、全ての人が薬機法をクリアできるかというと、なかなかそうはいきません。

そこで、石けんを肌に使うものではない「雑貨」として販売することがあります。「飾るだけや香りを楽しむだけの雑貨」ということです。宝石石けんやデコレーションソープなどがこれに該当することは理解できます。

しかし、販売されている雑貨石けんを見ると、原料として高価なオイルや精油を使っており、肌に使う目的なのが明らかなものが多々あります。中には「ベビーソープ」と堂々と謳っているものもあります。

しかも、「ご使用はお客様のご判断にお任せします」や「トラブルが起きても責任は負いかねます」と但し書きがあります。う~ん、これってかなり無責任なのでは。購入する人もリスクを承知で購入しているのでしょう。しかし、赤ちゃんに重篤な肌トラブルが起きても、販売者は責任を取ってくれません。

私は以前、生活用品の開発現場にいました。お客様の安全は一番優先事項です。原料の安全性は細かく調べられ、製造工程も細かく管理されていました。万が一、何かが起こったらリコールの手続きを取らねばなりません。幸いリコールの経験はありませんでしたが、そういう経験があるため、「ご使用はお客様のご判断にお任せします」や「トラブルが起きても責任は負いかねます」というのはあまりにも無責任だと思うのです。

だから、費用や時間がかかっても、石けんは「化粧石けん」として販売したいと考えています。だから、安心して森の音 石けんをお使いください。

委託製造してくださっている「石けん工房 花華」さんには感謝です。いずれ自分の工房を持ちたいと考えているのですが、まだ先のことになりそうです。

コメント

フォロー
タイトルとURLをコピーしました