海外の石けん なまこ石けん マレーシア

固定ページ

なまこ石けん 左からローズ、パパイヤ、マンゴー、マレーシアンフラワー、ラベンダー、イチゴ(包装をむいた中身)

私は以前、家族の仕事の関係でマレーシアに住んでいました。帰国してからは長い間、海外に行くことはありませんでした。

昨年の夏にエアアジアでバリ島に行ったときに、乗り換えでクアラルンプールになんと14年ぶりに立ち寄りました。

現地のマレーシア人の友人たちに久しぶりに会えて感激でした。

先進国への仲間入りを目指して街が急速に発展している勢いを感じました。

以前は国産車のプロトンが多く走っていたのですが、日本車が大半を占めていました。以前、プロトンを愛車としていた日本人の私は複雑な気持ちになりました。

以前はマレー系の女性たちはバジュクロンというカラフルな民族衣装を着ていました。トゥドゥンというイスラムの頭巾とバジュクロンとのコーディネートは見事で、街で見るのが楽しかったのです。

しかし、バジュクロンはすっかり姿を消し、シンプルでシックな色の洋服が主流になっていました。トゥドゥンも柄無しのものばかりでした。がっかり…。

マレーシアは、以前はプロトンとバジュクロンの国でした。

経済発展と共に伝統が変化するのはどこの国も同じようです。

ところで、クアラルンプールのお土産スポットの一つがチャイナタウンにあるセントラルマーケットです。マレーシアの伝統的な工芸品を買いたいならここはおすすめです。コッテコテのお土産が盛りだくさん!

現地の友達にお願いして連れていってもらいました。なまこ石けんを買うためです。

ランカウイ島で手作りされているなまこ石けんは、ほぼ日本人しか買わないようで、現地の友達は知りませんでした。

なまこには保湿成分が含まれいて、美容効果があるとされているようです。しかし、現地ではあまり人気がないようで。

セントラルマーケットには何ヵ所かなまこ石けんを販売しているお店があります。

あまり時間がなかったので、目についたお店で買いました。

石けんはカラフルなバティックに包まれており、香りは何種類もあります。まとめて6個買うと少し安くなります。あまり覚えていないのですが、安くなって一個RM10 (約300)円だったと思います。

中身はというと、グリセリンソープに色と香りをつけた透明石けんです。コールドプロセス製法で作ったものではなさそうです。

色は原色そのまま、香りはかなり強めです。原材料の表示なし。日本と較べると法規制が相当ユルイです。何が入っているのか分からない!なまこ成分は本当に入っているのかしらん?他のメーカーのなまこ石けんはどうなんでしょう?

中身はさておき、パッケージがマレーシアっぽいので、お土産にはぴったりです。

またマレーシアに行く機会があったら、他の石けんを探したいと思います。何と言ってもパームオイルの本場ですから、面白い石けんが見つかるはず。面白い石けんをご存知の方は教えてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする