石けん作りの道具 その一 ボウル

石けん作りの道具

無印良品のボウルは18-8ステンレス

オイルと苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を混ぜるときに欠かせないボウル。

おすすめなのは、18-8ステンレスのものです。

18-8ステンレスとは、クロム18%とニッケル8%が含まれるステンレスのことで、錆びにくくて腐食しにくいのが特徴です。

私は無印良品のボウルを愛用しています。18-8ステンレスのため、苛性ソーダによって腐食されません。値段も手頃です。

ガラスボウルを使うこともありますが、重い上に割れたり欠けたりする恐れがあります。熱伝導性はガラスよりもステンレスの方が高いため、湯煎をするときにはステンレスの方が効率的なのです。

安いステンレスボウルは、残念ながら18-8ステンレスではありません。苛性ソーダによって腐食され、黒くなってしまいます(経験済み)。

購入するときは、製品に18-8と刻印があるかどうかチェックしましょう。

コメント

フォロー
タイトルとURLをコピーしました