石けんを作り始めた理由

手作り石けん
オリーブオイルとマカダミアナッツオイルで
作った石けん

「楽しいから!」「肌に合うものを自分で作りたかった」などなど石けんを作る理由は人それぞれ。

私の場合は、以下の2つの理由からです。

1.バリ島で売っている「ブラットワンギ」や「センセイシア」などのナチュラル石けんが好きだけど、もちろん頻繁に買いに行くことができないため、「自分でも似たようなものを作れるのでは?」と思ったこと。 

2.息子と夫が重度のアトピーで、彼らに合う石けんを作りたいと思ったこと。

息子は、肌に優しいはずの生協の石けんが全く合わず、アトピーが悪化してしまった経緯があります。

一方、私は超オイリー肌。夏になるとギットギトになり困っています。

そこで、各自の肌質に合う石けんを作りたいと考えました。

石けんを作り始めてみると、これが楽しい!

オイルにはそれぞれ個性があって、オイルを組み合わせることによって、様々な特徴を持つ、石けんを作り出すことができるのです。

ずいぶん昔のことですが・・・私は大学で化学を専攻しました。石けんを作る作業は、化学実験そのものです。油に水酸化ナトリウムを加えて混ぜると、けん化反応が起きて石けんができます。

油を落とす石けんそのものが、油から出来ているって、考えてみると不思議です。石けん作りは、化学好きの私のツボにはまってしまいました。

これから、石けん作りについて語っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました